話し合いをしたがるのは、いつも弱者の方 – 縁カウンセリング

様々なカウンセラーによる「あなたが笑顔になるための」 縁カウンセリング

話し合いをしたがるのは、いつも弱者の方

ごきげんよう。
良縁カウンセラー桜井です。

人間関係がこじれた時によく使われるフレーズがあります。
それが「話し合おう」というものです。

そもそもどうして話し合いたいか。
それは自分が辛い目に遭っていたり不遇な思いをしているからです。
つまり話し合いたいと思った時点で弱者の立場に置かれているということになります。

あなたがもしも誰かに対して「話し合おう」というフレーズを使った時、
関係性としてはあなたの方が立場が弱くなっています。
そのことを思い出すようにしましょう。

なぜなら客観的な自分の立ち位置を知ることは身を守る手段になるからです。
場合によっては話し合いをする事よりも、
その相手との関係を清算した方が幸せになれることもあります。

それでは、また。