認知行動療法とはなにか? – 縁カウンセリング

様々なカウンセラーによる「あなたが笑顔になるための」 縁カウンセリング

認知行動療法とはなにか?

ごきげんよう。
カウンセラー桜井で御座います。

書店にいけば沢山の心理学の本がコーナーまで作られて並んでいますね。
それほど現代社会は心理という目に見えないものに対する興味が強いのだと思います。

日本は世界的にみても裕福な国なので、
生活水準や物質のレベルは高いです。
目に見えるものにおいては何不自由ない暮らしを送っているのに、
その一方でストレスによる自殺や過労といった問題は目立ち、
自殺防止週間というものまで存在します。

人々は、心の栄養を求めているのでしょう。
という社会風潮があります。

今回は認知行動療法についてご紹介します。

認知行動療法の「認知」とは、思考や考え方を意味します。
たとえば困難な状態で辛い気持ちの時には、
マイナス思考を持っている事が多いです。

このような気分と関連したマイナス思考を、
少しずつほぐしていくのが認知療法です。

最近疲れているのかも?
と思ったら、一度試してみるのも良いかもしれませんね。
それでは、また。

※当コラムはカウンセラー桜井による主観でのコラムとなります。