“恋愛には前向きではなかったのですが改善されました。” – 縁カウンセリング

様々なカウンセラーによる「あなたが笑顔になるための」 縁カウンセリング

“恋愛には前向きではなかったのですが改善されました。”

今まで自分に自信が持てなく恋愛には
前向きになれず、恋愛経験が少ない私でした。

まずは自分を見つめなおすところから始めました。
好きなところ、嫌いなところを書きだして嫌いなところを好きに(改善)していく
といった問題解決方法でした。 
最初は難しいだろうと思っていましたが、担当カウンセラーさんと目標を立て
1つずつ改善していくための方向性を導いてくれたので嫌いなところを改善し
自分自身に自信を持つことが出来て
ホッとしました。

でも担当カウンセラーさんは、『これからですよ!』といっておもむろに過去の
恋愛経験について質問されました。その時にはわからなかったのですが・・・
自分の嫌いなところでだした項目で多かったのは過去の恋愛で失敗したことによる
自分嫌いが多かったことに気づいていたみたいです。
確かに学生時代、お付き合いした1コ年上の憧れの先輩とお付き合いをしていました。
当時はお付き合いをする前から先輩に振り向いてもらうために色々と頑張った私。
お付き合いをするようになってからも嫌いになられないように彼のタイプの女性に
なろうと頑張った私。
結果的にここが問題だったみたいです。
嫌われないようにと毎日、頑張っていた私ですが別れはあっという間でした。
交際を始めて6ヶ月でお別れすることになりました。
先輩から『好きでいてくれているのはわかるけど素のM・Hがわからない。』の一言。
ショックでした。
嫌われないように、好きでいてもらうための努力をしていたのに結果的にそれが
原因でお別れをすることになりました。
担当カウンセラーさんはその恋愛がトラウマとなり知らぬ間に今まで引きずっていた
ことが原因で当時、頑張っていた自分が嫌いになり、自分自身に自信が無くなり
恋愛を遠ざけるようになった
のではないかとお話をしてくださりました。
学生時代の辛い経験を記憶から消したつもりでしたがそこが原因で恋愛に前向きに
なれていなかったことにきずかされました。

担当カウンセラーさんとセッションを重ねることによって徐々に改善され今では
自ら素敵な出会いを求めるまでになれましたので感謝しています。

相談画像1